炭酸(ガス)パックで美肌を目指す効果的な使い方

毛穴の黒ずみやくすみが消えてワントーン明るい肌になるよ(*^_^*)

炭酸パックの効能について

炭酸パックは、美肌が効果がとても高いということで、大事な日に合わせて炭酸パックを行うという人も増えているようです。この炭酸パックには、どのような効能があるのでしょうか。

 

炭酸パックの効能として、まず挙げられるのは、血行が良くなるという効能です。
パックを行うと、二酸化炭素が肌の奥にある毛細血管に侵入してきます。
すると、毛細血管は、二酸化炭素を流すために血管を広げようとします。

 

そのため、血行が良くなるのです。
また、血行が良くなると、新陳代謝が良くなります。

 

 

新陳代謝が良くなると、美肌効果が高い細胞の働きが活発になり、新しい細胞も生まれやすくなります。
そのため、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れていた人は、ターンオーバーが正常な状態に戻るようになります。
ターンオーバーが正常化されると、老廃物が排出されやすくなり、古い角質も除去されていきます。

 

炭酸パックを使うと、肌の状態が良くなるというのは、肌に二酸化炭素を取り込むことで、このような美肌効果を期待することができるからなのです。
最近、肌の調子が良くない、年齢肌を感じるようになってきた、という人は、使用方法をよく守って炭酸パックを利用してみてはいかがでしょうか。

炭酸パックを継続する頻度は?

炭酸パックとは、二酸化炭素を主成分としたパックのことで、近年の美容業界で取り入れられたものにあたります。
二酸化炭素は、いわば呼吸による掃きだめのようなもので、人体に悪影響をおよぼすものとして認知されています。しかし、あえて皮膚に炭酸パックを付着することで酸素不足の状態を形成し、そこから酸素の供給が滞らないよう血管の活動が活発化していきます。

 

その結果、肌の新陳代謝を促すことになるため、炭酸パックが美容でもてはやされることになる訳です。

 

このような仕組みによって、ターンオーバーに働きかけることになりますが、問題は継続する頻度についてです。炭酸パックの使用頻度については、まず使い始めてから1週間は毎日継続して使用することが勧められています。

 

なぜならそれは二酸化炭素(炭酸ガス)による肌の活性化を実感できる期間が、1週間程度で確認されているためです。この期間はいわば準備期間にあたるもので、肌本来の力を発揮させるものと考えてもらっても差し支えはありません。肌は、準備期間内に基礎代謝が向上されているため、その後は週に一回の頻度で使用することになります。最初の1週間の間に、続けて炭酸ガスパックを使うことは抵抗を感じますが、肌が変化に対応できるための措置と捉えて下さい。

炭酸パックのニキビ肌を改善する効果

炭酸パックの美容効果にはシワやたるみを改善するアンチエイジングや、シミやくすみを改善する美白作用などがあります。

 

またむくみを解消する作用もあるので、小顔やリフトアップ作用があるという点も、炭酸パックが美肌を作るのに優れていると言われる点です。

 

このように炭酸パックのお肌へのメリットは色々とありますが、ニキビの改善にも炭酸のパックは有効です。
炭酸パックはジェル状になっており、そのジェルの中に炭酸ガスが閉じ込められています。
パックを肌にのせると炭酸ガスが毛細血管内に浸透し、血中の二酸化炭素量が上昇するのですが、この状態になると体は酸素が足りないと感じ血管を拡げるのです。

 

血管が拡張される事で、血流の流れが改善され老廃物などが排出されやすくなる為、ニキビ肌の改善に炭酸パックは非常に有効なのです。

 

また血行が促進されると肌細胞に十分な、栄養と酸素が行き渡り細胞自体の働きが活性化するので、肌の新陳代謝が高まります。すると肌のターンオーバーが正常になり、治りも早くなりますし、ターンオーバーが高まる事で古い角質が垢として取れやすくなり、毛穴の詰りも解消されるためニキビが出来にくい肌質へと変化するのも、炭酸パックのを利用していて嬉しいところですよね。